憎っくき奴 フィラリア

年齢を少し
サバよんでいました・・・

私、あんまぁではなくて ↓ のアナです。



画像


2~3歳の男の子
3月31日に去勢手術をします、
手術代の半額を負担してくださる方を希望します。


画像

↑携帯版はこちらから 




お腹の虫がいない初めての保護わん! アナ・・・

と思われましたが、やっぱりいましたね 回虫。

ということはアナの母犬も回虫がいたのね。

見かけはふわふわの毛なので、ふくよかに見えるアナですが、
本当はやせっぽちなのです。 8キロ (小指で散歩ができます)
でもこれで太れるよ♪

小さい子は楽ですね、
大きい子の場合、何かの時に引っ張られると
釣で大物がかかった時みたいに、
腰を落とし踏ん張らなくてはならないのです、
膝にもくるし、腕も太くなるし、足のふくらはぎは益々太くなるし・・・(涙


きのうは、先日のご一行様の時に、アナと別れるのが悲しくて
泣いていた女の子が2度もアナに会いに来てくれました。
(そして今もフェンスの向こうから アナちゃんおいで と声をかけています)

そして、さくらママさん&さくらちゃんまっちイさんとニコちゃんも
アナに会いに来てくれたのです。

さくらママさんと、まっちイさんに「可愛い! 可愛い!」してもらって
ご満悦のアナでした。
画像


この様子は後日のお楽しみとして


犬フィラリアのお話です。 


犬が好きになったきっかけをくれたワンコ 「お隣のタロー君」は、
フィラリアにかかり 2歳半の短い命を閉じました。

小太郎たち兄弟(4匹)を保護していて、面倒を見てあげられない間に
痙攣を起こし苦しみなから虹の橋を渡ってしまいました。
目は開いたままだったそうです。
自分のいたらなさと、タローがいなくなった悲しさで
毎日泣いていた頃がありました。

そして、近所のP君(9歳?)も陽性です。
何年か前に、飼い主の了解を得た上で、
病院に連れて行き検査をしてもらいました。

P君の場合は、子虫の量も多く、年齢もいっていたので
初めの1ケ月は、週に一度 フィラリア予防薬 1錠を 1/4づつ飲ませ、
次の1ケ月は 週に2度 1錠を 1/2づつ、
と徐々に薬に慣れさす方法です。
一度に駆除すると虫が心臓につまって死んでしまうことがあるからです。

現在は、うちの子たちと同じ日に1錠をあげてます。

ただ、陽性の子の場合、チュアブルタイプの予防薬は使えないので、
錠剤をチーズに押し込んで ・・・ 丸呑みしてくれます。


内地と違って、沖縄では夏に限らず蚊はいます。
フィラリアの薬も一年中飲ませなくてはなりません。

アナのように陽性の子でなくても、
一生飲ませ続けなくてはならないのです。

こんな状況を憂慮した
Big1近くの獣医さんの(近々真栄里ニュータウンに移転予定)所では、
フィラリアの薬を安く買うことができます。
 



おとといチラシを貼ったので、早速 里親希望の方から
「アナを見たい」と電話がありました。

年のことは伝えたけど、フィラリアのことは長くなるので、
まだ伝えていません。

里親候補というよりは、犬をきちんと飼うことや健康管理についての
啓蒙活動のつもりで話を聞いてもらいましょうね。

ただ 「可愛いだけで犬を飼う」というのではなく、
ペットじゃなくて家族として迎えてくれる人が必ずいるはず。

それじゃ~ 久しぶりに「サンシン」でも弾きながら 
          ・・・ しばらく練習してなかった ・・・
気長に待とうね、アナ。

アナは散歩から帰ると、おとなしく鎖につながれる良い子です。

by あんまぁ
 

"憎っくき奴 フィラリア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント